【2020年4月】一人暮らし向けのおすすめWiFiルーター

りさ

WiFiって光回線契約しただけで使えるの?
無線で使うならWiFiルーターが必要になるよ

かなやん

WiFiルーターって何?

WiFiルーターは、無線で光回線を使うようにできる機器のことです。

光回線を契約すればネットが使えるようになりますが、WiFiルーターがないと有線LANでパソコンなどの使用する機器につなげないと使えません。

有線LAN

かなやん

スマホとか有線LANでつないでいるところ見たことないよね!

一人暮らしにおすすめのWiFiルーター

WiFiルーターはかなり多くの種類があります。一人暮らし向けや2階建てなどの一戸建て向けなど、使用する環境によっておすすめのWiFiルーターが変わってきます。

今回は、一人暮らし向けにおすすめのWiFiルーターをご紹介します。

BUFFALO WSR-300HP

有名なバッファローのWiFiルーターになります。

おすすめポイント

  • 価格が安い(Amazonでは3,000円台)
  • 複数アンテナでWi-Fiの接続安定性が高い
  • 初期設定が簡単
  • 縦置き/横置き/壁掛け対応

価格が安い(Amazonでは3,000円台)

価格は安めで、ワンルーム向けの製品になります。(ワンルームでなくても使えます。)

複数アンテナでWi-Fiの接続安定性が高い

通信アンテナを最適なレイアウトで配置することにより、Wi-Fiの接続安定性を向上させる設計になっています。

初期設定が簡単

とにかく初心者に優しく、複雑な設定が不要です。QRコードを読み込んでアプリで 簡単に設定できます。

縦置き、横置き、壁掛けに対応

また、縦置き/横置き/壁掛けの3つの置き方が選べるので、設置する場所に合わせることができます。

かなやん

僕はこんな風に縦置きにしてるよ!

部屋のどこに置いても気にならないスリムサイズ

WSR-300HPの推奨利用環境は3台までの接続ですが、3台以上接続しても利用はできます。

ですが、同時接続が多すぎると速度が落ちる可能性がありますので、いつも4台以上接続する方は次に紹介するワンランク上のWiFiルーターにしたほうがいいかもしれません。

BUFFALO WSR-2533DHPL

WiFiルーターにいっぱい端末を接続するし、より通信速度が速いという方にはワンランク上のWSR-2533DHPLをおすすめします。

推奨利用環境が18台もあります。11acという通信規格でWSR-300HPよりも速いです。

大きさは300HPより少しだけ大きいです。

まとめ

今回は、一人暮らしにおすすめのWiFiルーターをご紹介しました。光回線を自宅で使用するにはWiFiルーターは必需品となりますので、ご参考になればと思います。

光回線の契約によっては、WiFiルーター無料レンタルやプレゼントの特典があることもあるので、まずは光回線の契約内容を確かめてからがいいと思います。

【2020年4月】光回線の簡単な選び方とおすすめ5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください