Google Analytics(グーグルアナリティクス)の導入

サイトを作成したらまずGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)を導入しましょう。

Google Analytics とは、Googleが提供するホームページやモバイルアプリ(AndroidアプリやiOSアプリ)といったWebコンテンツのアクセス解析ができるツールです。

サイトのどんなコンテンツが人気なのか?どのSNSからの流入が多いのか?ユーザーが一日どのくらいサイトに訪れているのか?など様々な視点でサイトを分析することができます。

サイトを分析することで何を改善すればよいのかを考えることができます。

つまり、サイトのアクセス解析ができるGoogleアナリティクスが、Webマーケティングの成功において不可欠なツールとなります。

Googleアナリティクスの設定方法

導入の際に、Googleアカウントが必要となります。

まずGoogleアカウントを作成して、その後Googleアナリティクスの登録し、トラッキングコードの設置という流れになります。これらはすべて無料でできる設定です。

Googleアカウントを作成

まずは、Googleアナリティクス導入時に必須となるGoogleアカウントの作成を行います。

Googleアナリティクスの公式サイトから、右上の「アナリティクスにログイン」をクリックします。

「アカウント作成」が表示されるので、そのリンクをクリックして、Googleアカウントを画面の案内に沿って作成します。

Googleアナリティクスに登録

作成したGoogleアカウントで、アナリティクスにログインすると「お申し込み」ボタンが表示されるので、それをクリックします。

「新しいアカウント」作成画面に移行するので、以下項目を入力し、「トラッキングIDを取得」ボタンを押します。

項目名 項目の詳細
アカウント名サービス名、会社名、個人名など自分の好きな名前を付けることができます。(※例:かなやん)
ウェブサイト名サイトのタイトル名などのウェブサイト名を付けることができます。
(※例:トレトレドットコム)
ウェブサイトのURL解析(分析)するサイトのURLを入力します。
(※例: tre-tre.com)
業種「インターネット、通信事業」など、解析(分析)するサイトのジャンルを1つ選択
レポートのタイムゾーン「日本」を選択

入力が終わったら 「トラッキングIDを取得」をクリックし、 「Googleアナリティクスの利用規約」 に同意します。

Googleアナリティクスの登録は完了となります。

トラッキングコードの設置

Googleアナリティクスの登録が終わると、トラッキングコードが発行されるので、そのコードをWebページ(ブログ記事)のHTMLソースコードに貼り付けます。

CocoonのWordpressテーマを使用している方は「アクセス解析・認証」タブでトラッキングIDを設定するだけで大丈夫です。

データが取得・計測されてるかを確認

Googleアナリティクスにログイン後、左メニュー「リアルタイム」>「概要」をクリックします。 自分の端末でサイトを開くと訪問数が1以上になります。

以下の図だとリアルタイムで2人見ていることになります。

このリアルタイムが表示されるということはGoogleアナリティクスが設置されデータが取得されているということになります

まとめ

Google Analytics(グーグルアナリティクス)の導入することでサイトを分析できるようになります。

ただし、大切なのは分析できるようになったということではなく、分析して次の改善に役立てることです

何事もPDCAが大切ですので頑張っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました