【wpX Speed】WordPress専用の高速レンタルサーバー

ブログを書き始めようと思い、 WordPressのレンタルサーバーを探していたところ、 「WordPressの表示速度国内No.1」 とでかでかとアピールしていた 【wpX Speed】 を契約してみました。

【wpX Speed】 は エックスサーバー株式会社が2019年9月24日にリリースしたレンタルサーバーです。

私の会社ではXserverを利用していて安定して稼働しているので、安心感もありXserverにしようとも思っていましたが、いろいろ調べていたら なんとその会社がWordPress専用に最適化したレンタルサーバー【wpX Speed】をリリースしていました。

個人ではWordPress しかサーバー利用しないので 「WordPressの表示速度国内No.1」 ということでこの 【wpX Speed】 を契約してみました。

契約する前にチェックしたポイントをまとめてみました。

料金・機能・スペック

プランは、W1~W7まで7種あり、チェックした主なポイントはピンクの枠のところです。

料金は最も安いW1で1200円/月となっています。

WordPress専用サーバーと言っているだけあってWordPress設置数マルチドメイン(独自ドメインの利用できる数)は無制限になっています。

転送量目安はW1でも2.5TB/月あるので約80GB/日になるのでxserverX10プラン( 70GB/日 )より多くなっています。この転送量が少ないとアクセスが集中した際にサイトが重くなってしまいます。

wordspressを始める人にとってW1でも充分なスペックだと思うので私は最も安いW1にしました。

リソース確保で安定稼働

転送量も大切ですが、リソースも大切になります。

個人でレンタルサーバー使っている方はほとんど共用サーバーを使っていると思いますが、共用サーバーだとほかの人と一緒のサーバーを使います。

その際にほかの人のサイトがアクセスが多いと、一緒にサーバーを使っているので自分のサイトが重くなったり、最悪つながらなくなることがあります。

しかし、 【wpX Speed】 は常に自分のところのリソースを確保してくれます。

WordPressを簡単に移行可能

必要事項を記入するだけで、現在運用中のWordPressが自動的に移行できるそうです。

現在サイトが重くてサーバーを変えたいと思っている方にもおすすめです。

wpX 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました